本文へジャンプメインメニューへジャンプ

ショップ詳細

三菱地所アルティアム

三菱地所アルティアム

8F Beauty&LifeSupportZone

フロアマップ

ショップからのメッセージ

天神で、気軽にアートを楽しめるギャラリースペース。現代アート、デザイン、ファッション、建築など、様々なジャンルの芸術表現を紹介しています。

イベント&キャンペーン

小さなデザイン 駒形克己展

小さなデザイン 駒形克己展 小さなデザイン 駒形克己展

造本作家 駒形克己のグラフィックデザインや絵本制作などこれまでの足跡をたどる展覧会を九州初開催



駒形克己(1953年生)は『Little Eyes』『Little Tree』などの絵本で知られる造本作家/デザイナーです。日本デザインセンターで永井一正のもと初期のキャリアを積んだ後、アメリカに渡り、ニューヨークでは CBS本社やシェクターグループでグラフィックデザイナーとして活躍しました。 1983年に帰国してからはオフコースや安全地帯などのレコードジャケット、コムデギャルソンなどのファッションブランドの招待状などのデザインを手がけています。1989年に誕生した長女の成長に向き合うことから絵本を作り始め、新しいタイプの絵本として注目を集めました。現在は絵本に加え、ワークショップ活動で国際的に活躍しています。また、九州では、九州大学病院小児医療センター病棟の環境デザインを手がけています。

本展は、アメリカ時代の実験的な試作から、音楽、ファッションでの仕事、絵本の試作やスケッチまで、駒形の初期から現在までの足跡をたどる初めての展覧会です。特に、普段は見ることのできないアイディアやスケッチ、絵本の試作品の数々は、作品の制作過程と駒形の思考を辿ることのできる貴重な資料です。また、駒形の絵本表現の特徴である切抜きや変形ページの魅力を立体的な展示で紹介します。

駒形は「小さなこと」を大切にしてきました。手に収まる小さなサイズ、少数の人々とささやくような関係性から生まれた作品にご注目ください。



画像1:『Little Tree』 ワンストローク 2008年

画像2:『Little Eyes3 いろ・いろ・いろ』 偕成社 1990年

数寄景/NEW VIEW—日本を継ぐ, 現代アートのいま

数寄景/NEW VIEW—日本を継ぐ, 現代アートのいま 数寄景/NEW VIEW—日本を継ぐ, 現代アートのいま

日本美術の“文化遺伝子”を継承するアーティスト17組を紹介する展覧会を、三菱地所アルティアム・福岡三越「三越ギャラリー」の2会場で特別開催。



人気作家から若手まで17組のアーティストによる作品を、古くより息づく日本独自の美意識から紐解き、8つのセクションで紹介します。



私たち日本人は、外来文化を受け入れ、そこに独自の洗練を加えることで、創造性の高い文化をつくってきました。日本文化の特質であるこの創造性は、グローバリズムが台頭する現代においても絶えることなく、脈々と受け継がれています。本展は、このような日本美術の「文化遺伝子」を継承するアーティストたちの身振りにフォーカスすることで、これからの日本美術への問いかけと、可能性を見出します。展示構成は、日本文化のキーワードから選んだ、「あやし」「見立て」「うつろひ」「なぞらえ」「かさね」「ゆらぎ」「今様」「奇想」の8つのセクションごとに、それぞれ2組(一部3組)のアーティストの作品を対峙。お互いがせめぎ合い、重なり合う、現代アートのいまを体感できる場を仕掛けます。現在もっとも注目を集めるアーティストから新世代のアーティストまで、現代の「数寄者」たちの織りなす、自由闊達で創造力あふれる展示空間を風景に見立て、展覧会タイトルを『数寄景/NEW VIEW』としました。「平成」から「令和」への転換を迎え、彼らの作品は、私たちにどんな新しい風景「NEW VIEW」を見せてくれるのでしょうか。



【出品作家17組】

青山悟/赤松音呂/池田学/岩崎貴宏/岡本瑛里/荻野夕奈/金子富之/川人綾/木村了子/teamLab/中北紘子/橋爪彩/水野里奈/宮永愛子/宮本佳美/山本竜基/淀川テクニック



2会場特別開催!

福岡三越9階「三越ギャラリー」会場

会期:2020年2月26日(水)〜3月8日(日)10:00〜20:00

※最終日は17:00閉館(ご入館は閉館の30分前まで)



【画像1】本展メインビジュアル

【画像2】宮永愛子《waiting awakening -clock-》2018

ナフタリン、樹脂、ミクストメディア

16.5×16.5×14.5cm

© MIYANAGA Aiko, Courtesy of Mizuma Art Gallery



詳細は展覧会HPをご覧ください

http://artium.jp/exhibition/2020/19-09-sukikei/

音と旅する鉱物展 九州大学総合研究博物館コレクション

音と旅する鉱物展 九州大学総合研究博物館コレクション

日本屈指の鉱物標本を音楽家 原摩利彦による音とともに紹介します



海底奥深くで生成した石、宇宙から落下した隕石、数十億年前の石。鉱物をめぐる時間と空間の厚みは、膨大な情報が行き交い、目まぐるしいスピードで変化していく現代において、そのスケールを捉え直すきっかけを与えてくれているようです。

本展では、国内でも最大級の750万点の貴重な博物標本・資料を収蔵する九州大学総合研究博物館の中から選りすぐりの鉱物コレクション約150点を、現代アートや舞台、映像など幅広い分野で活躍する音楽家 原 摩利彦が手がけた音とともに紹介いたします。九州大学総合研究博物館の鉱物は、通常は一般公開されておらず、本展は量・質ともに充実した標本をご覧いただける貴重な機会となります。

自然や街の中で音を集める“フィールドレコーディング”の手法を取り入れる原は、同館を訪れて収集した鉱物の音や、鉱物から連想した音をもとに作曲し、本展のための音楽を制作いたしました。原によって紡ぎ出される、五線譜に書き表せない不思議な音、どこか懐かしくも新しい揺らめく音に包まれ、鉱物を眺めることは、目には見えない遠い時代や場所への想像を掻き立て、新たな鑑賞体験をもたらすことでしょう。



【画像】本展メインビジュアル

  • イムズはしごBEAUTY
  • FINALSALE
  • イムズ公式LINE@プレゼント情報
  • スクールガイド
  • IMS Beauty Guide
  • TAX・外国語フロアガイド FREE
  • 館内でWi-fiが利用できます。
  • インフォメーション 休館日、営業時間 詳細はこちら 駐車場のご案内 詳細はこちら

三菱地所リテールマネジメント株式会社
イムズ マネジメントオフィス
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-7-11-11F
TEL:092-733-2001

Copyright © Inter Media Station IMS. All Rights Reserved.