本文へジャンプメインメニューへジャンプ

社会貢献活動 トップに戻る

美化活動

月1回の周辺清掃

月1回の周辺清掃

毎月14日はWe Love天神協議会が実施している「天神クリーンデー」。「まちがキレイになれば、人の心もキレイになる」をコンセプトに、人のモラルアップにつながるメッセージ発信をおこなっていく「きれいな天神プロジェクト」を実施しているWe Love天神協議会。「天神クリーンデー」に合わせてイムズでは館内のスタッフと一緒にイムズの周辺清掃をおこなっています。
We Love天神協議会

公開空地の植栽・花壇

季節を感じていただくための草花を植えた花壇をイムズの外周へ設置しています。

公開空地の植栽・花壇


地域・社会貢献

We Love天神協議会への参加・運営

We Love天神協議会への参加・運営

天神地区を魅力ある街にしていこうと天神地区の住民・企業・NPO・行政が一体となってまちづくりを行うエリアマネジメント団体、We Love天神協議会。行政との連携により、都心部の諸問題に取り組みながらまちづくりを進めることを目的としており、人に優しい安全で快適な環境の形成、地区の価値・集客力の向上、地方経済の活性化、生活文化の創造などを推進しています。「天神のクリスマスへ行こう」のほか、「天神ピクニック」や「天神まちあるきプロジェクト」、「大名校区落書き消したい(隊)」、「天神界隈合同防犯パトロール」などを定期的に実施しています。イムズは地区会員。代表取締役社長は副会長として積極的にまちづくりに貢献しています。
We Love天神協議会

「ときめきプロジェクト」への参加

福岡市が実行委員会を立ち上げ、2010年春から開始した「ときめきプロジェクト」。イムズも実行委員として参加しています。社会で活躍する障がい者や魅力的な商品についての情報発信やPRイベント「ときめきCITYふくおか」の協力などを通じて、商品力の強化、販売促進を中心とした障がい者の就労を支援する取り組みに参加しています。
http://www.tokimeki-press.jp/contents/whats/2013/index.html

「ときめきプロジェクト」への参加


ときめきフェスタアート展 × キラキラっとアート展

上記の取り組みと関連して、福岡市内・都市圏で活動する障がい者施設によるアート作品展「ときめきフェスタアート展」がありますが、数年前よりイムズのオーナーである三菱地所株式会社の主催する、障がいのある子どもたちの作品の中から優れた作品を展示する「キラキラっとアート展」と同時開催しています。
【主催】
・ときめきフェスタ実行委員会
・三菱地所株式会社 CSR推進部(社会貢献グループ)
≪過去展開実績≫
【期間】
2008年1月19日(土)~27日(日)
2009年1月 7日(水)~12日(月)
2010年1月 9日(土)~17日(日)
2011年1月 7日(金)~16日(日)
2012年1月 7日(土)~13日(金)

ときめきフェスタアート展×キラキラっとアート展


デザインイベントの実施

魅力ある場所や人を伝えたい。そこから生まれるモノやコトを紹介したい。そんな想いを持って開催される「デザイニング展」は、デザイニング展事務局が「デザインで街を楽しくする」をテーマにさまざまな企画を展開。イムズをメイン会場に、福岡市内各所に会場を設け展開しています。イムズもこの企画に賛同し、九州出身のクリエイターやデザイナーの皆さんを応援しています。
デザイニング展

デザインイベントの実施


博多どんたく/博多松囃子(はかたまつばやし)

福岡市で5月3日・4日に開催される博多松囃子は、福神・恵比須・大黒の三福神ならびに稚児が福岡や博多の主要な場所を訪問して祝賀する祭りとして博多どんたくと共に行われます。イムズはお祝いの返礼として杉原紙の1束(10帖)と扇1本を組み合わせた「一束一本」を三方に乗せて贈るとともに、祝儀や酒、紅白蒲鉾、乾物などでおもてなししています。

博多どんたく/博多松囃子(はかたまつばやし)


博多祇園山笠(天神一丁目 飾り山笠)

西日本新聞会館ビルとエルガーラビルとの間のエルガーラ・パサージュ広場に建つ飾り山笠「天神一丁目」は、西日本新聞グループと博多大丸などが中心となり、平成17(2005)年から奉納し、昨年で6周年となりました。毎年夏の行事として天神一丁目に住所があるイムズも参加しています。
http://www.hakatayamakasa.com/index.php

博多祇園山笠(十二番山笠 天神一丁目)


秋の天神さままつりへの協力

毎年秋の恒例行事として都心界が主催する「秋の天神さままつり」へ
イムズも協賛しています。
http://www.q21.co.jp/toshinkai/

秋の天神さままつりへの協力


天神のクリスマスへ行こう!キャンペーンへの協賛

毎年クリスマス時期に天神の商業施設が共同して警固公園や天神地区の装飾をおこなっています。
http://tenjinsite.jp/xmas/

天神のクリスマスへ行こう!キャンペーンへの協賛


ミュージックシティ天神への協力

毎年10月頃におこなわれるミュージックシティ天神。プロ・アマチュアの音楽の祭典にイムズも協賛しています。
http://blg.nnr.co.jp/mct/

ミュージックシティ天神への協力


大濠花火大会への協賛

毎年8月初旬におこなわれる福岡市の名物「西日本大濠花火大会」。
2012年は館内で開催した「宇宙みらい展」と連動し惑星の形の花火を、
2013年は「FORREST」を意識し、森をイメージしたグリーンの花火を打ち上げました。

大濠花火大会への協賛


夢かなう夏休み 天神ワーク体験!

子供たちが実際の仕事を体験しながら、働くことの意味や楽しさを学ぶことができる体験イベント。
イムズ内の「本物の職場」で「本物の仕事」を体験していただきます。

夢かなう夏休み 天神ワーク体験!


天神ウェルカム音楽祭

春、たくさんの人々が天神に集まるこの始まりの季節に、おもてなしの街「天神」が音楽のプレゼントをお贈りしました。
★2011年4月23日(土)
15:00~15:15【アーティスト】rhythmic
18:00~18:15【アーティスト】高田リオン
★2011年4月24日(日)
15:00~15:15【アーティスト】RYOEI
18:00~18:15【アーティスト】山下克弘
【場所】B2Fイムズプラザ
【主催】We Love天神協議会

天神ウェルカム音楽祭


Love Rain Project~笑顔をつなぐ愛会い傘 from 天神~

一雨で何千本もの傘が忘れられ、遺失物になっていると言われています。このイベントは、天神に来た方々にビニール傘をデコレーションして頂くことによって忘れられない「自分の傘」を制作(参加費300円)して頂くイベント。イベントを通して使い捨てられる傘の問題を考え直し、街での時間(=まちじかん)の新しい提案をしました。
【主催】九州大学まちじかんプロジェクト
【共催】ふっくる
【協力】イムズ、Love FM
【後援】We love天神協議会、福岡市、九州大学

Love Rain Project~笑顔をつなぐ愛会い傘 from 天神~


★★九州大学まちじかんプロジェクトとは★★
街での時間(=まちじかん)をもっと素敵に、もっと楽しくすることを目的に活動している九州大学の学生団体です。
家で過ごす時間とは違う、街ならではの時間を天神から発信していくことが目標です。
【HP】http://machijikanpro.web.fc2.com/loverainpro/
【日時】2011年6月11日(土) ~6月12日(日) 10:00~19:30
【会場】B2F イムズプラザ

チャリティ

2013年クリスマス 
IMS Christmas 2013 夢みるオトナのクリスマス
イムズクリスマス抽選会

249,770円を Do for Japan「がんばろう日本」福岡・九州推進協議会へ寄付しました。

2013イムズクリスマス抽選会


【日時】 2013/11/29(金)~12/25(水)
【寄付金額】 249,770円
【寄付先】 Do for Japan「がんばろう日本」福岡・九州推進協議会

そら植物園チャリティマーケット

IMS SUMMER FESTA 2012 そら植物園 in FUKUOKA produced by 清順連動企画として、展示している植物を実際に購入いただける「そら植物園チャリティマーケット」を開催しました。世界中の珍しい植物を追い求めるプラントハンター清順がセレクトした植物を販売し、植物との出会いや魅力・可能性を感じて頂くきっかけとなりました。また、売上の一部は東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の松原再生活動を続ける「高田松原を守る会」へ寄付しました。

そら植物園チャリティマーケット


【販売期間】 2012/6/20(水)~6/30(土)、7/14(土)~18(水)計16日間
【寄付金額】 63,935円
【寄付先】 高田松原を守る会

森秀鳳  文字の鼓動 2012新春メッセージライブ

新春恒例となっている森秀鳳氏の書初めメッセージライブをおこないました。今回は、秀鳳氏の希望により震災復興支援として、事前にメルマガ会員から募集した“森先生に書いて欲しい言葉”をB2F会場内に“100人のコトバ”として展示、1,000円にてチャリティ販売しました。また、大判の半紙を3,000円でお譲りし、収益金はすべてDo for Japan「がんばろう日本」九州・福岡推進協議会を通じて東日本大震災の被災地へ寄付いたします。

【日時】 2012/1/2(金) 13:00~、16:00~
【寄付金額】108,000円
【寄付先】がんばろう日本 福岡・九州推進協議会「Do for Japan」

森秀鳳  文字の鼓動 2012新春メッセージライブ


森秀鳳  文字の鼓動 2012新春メッセージライブ【プロフィール】 森秀鳳
1958年福岡生まれ。
4歳の頃から書に親しみ、1997~2000年にかけ、イタリア・アメリカ・パリにてメッセージライブを成功させる。
その後、2006年にはスペインでもライブを開催。
日本でも各都市で個展を多数実施している他、ソフトバンクホークスの開幕戦 オープニングセレモニーを担当す るなど多方面で活躍中。

IMS ART FESTA 2011 REBIRTH PROJECT 『論-RON-』

REBIRTH PROJECT代表の伊勢谷友介、副代表の龜石太夏匡、展覧会場をデザインした平社直樹、横田光隆の4名が来場し、プロジェクトの取り組みや今回の展覧会への想いを語りながら、“人類が未来に生き残るために何が必要か”などを論じ合うお客様とのトークセッションを開催しました。

【タイトル】 IMS ART FESTA 2011 REBIRTH PROJECT 『論-RON-』
【日時】2011/ 10/14(金) 18:30開場 19:00開演
【入場料】 500円(税込)
【出演者】 伊勢谷友介、龜石太夏匡、平社直樹、横田光隆
【参加者数】334名
【寄付金額】167,000円(500円×334名分)
【寄付先】がんばろう日本 福岡・九州推進協議会「Do for Japan」

※入場料はすべてDo for Japanを通じて東日本大震災の被災地への復興支援金として寄付します。
※当日はイムズオーロラビジョンとHPでもリアルタイム中継しました。

IMS ART FESTA 2011 REBIRTH PROJECT 『論-RON-』

IMS ART FESTA 2011 REBIRTH PROJECT 『論-RON-』


【お客様の声】

・とてもとても有意義な時間でした。おなかに、熱いものがみなぎってます。ありがとうございます。真剣かつ和やかでもありましたね。

・IMSでの「論」お疲れ様でした。福岡でREBIRTHの皆さんの思想や言葉をやっと生で聞くことができ、感動です!これから九州でもREBIRTHの輪がどんどん広がること期待してます!

・未来の地球や人類の為に何ができるのか、行動に起こす、一歩踏み出す勇気で、明日からの未来が変わると思います。今日はとてもいい刺激になりました。貴重な時間をありがとうございました。

・イムズの『論』、刺激受けました!挫折禁止!!私も、目が飛び出るくらい、響きました!ありがとうございました。

・IMS論、Ust参加しました。前半は音声問題が残念ながらも、後半皆さんの声が届き、共有できた事嬉しく思います。先日の展示に引き続き、リバースさんからはすごくパワーをいただくので、それを私にできる形で、発揮していきたいです。ありがとうございました!

・IMS論参加させて頂きました。とても考えさせられる内容でした、当たり前がいかに大切なのか、これから、私達にできる事は何なのか、イベント参加を機会に考えてみようと思いました。ありがとうございました!

・イムズ論、参加させていただきました!!福岡の服飾の専門学校に通う18歳です!!今回はお話が聞けてとてもよかったです!!

・本日は遠い所までありがとうございました!何かしたい、何かしたいと思いながら未だに行動に移せていない自分が悔しくてたまりませんでした。自分にでも出来ること何か見つけていきたいと思います。皆さんの言葉、心に響きました。

・昨日のイムズでの『論』参加させて頂きました。少女のスピーチ…衝撃的でした。考える力、表現力、行動力、自分を見つめ直し考えさせられました。ありがとうございました。

・おはようございます。突然ですが、妹が昨日の福岡天神イムズでのトークセッションに行き、伊勢谷さんの姿にすごく感心、感動したようです。おかげで、妹から励みになる素敵なメールをもらいました。ありがとうございます。

その他たくさんのご意見・ご感想をいただきました。全てREBIRTH PROJECTのメンバーと共有させていただいております。 皆さんのご参加、本当にありがとうございました。

『第29回高田道場ダイヤモンドキッズカレッジ』開催記念
東日本大震災復興チャリティイベント

㈱やずやが協賛する『高田道場ダイヤモンドキッズカレッジ(※)』の福岡開催を記念し、東日本大震災復興支援のためのチャリティイベント(街頭募金活動)を行いました。
※元総合格闘家・高田延彦氏が主宰する「アマチュアレスリング」の理論を取り入れた独自の体育教室全国各地で回を重ね、今回の福岡で29回目の開催。

『第29回高田道場ダイヤモンドキッズカレッジ』開催記念 東日本大震災復興チャリティイベント


今回のチャリティイベントには、高田氏本人の他、夫人の向井亜紀氏も参加されました。
【日時】2011年7月9日(土)14:00~16:00
【会場】イムズスクエア
【募金総額】129,012円
【チャリティTシャツ売上額】202,000円
募金総額(Tシャツは原価を差引いた利益全額)は下記団体を通じて東日本大震災の被災地に寄付されます。
<ジャストギビング> http://justgiving.jp/
<シビック・フォース> http://civic-force.org/
<高田さんオフィシャルサイト> http://www.takadanobuhiko.com/blog/?y=2011&m=07&d=10

second faith ~骨髄バンクチャリティライブ~

2003年から年に一度D-High-LoW(ヒロ)が主催している骨髄バンクチャリティーライブ「Second Faith」。
このプロジェクトにイムズも協力し、イムズスクエアにて不定期でライブを開催しています。日本骨髄移植推進財団、福岡県、福岡市などからも後援を受け延べ1万人を超す動員数を記録し表彰を受けるなど、各メディアからも大きく注目されるチャリティーイベントとなりました。
http://www.isis-isis.com

second faith ~骨髄バンクチャリティライブ~



≪寄付金内訳≫

2008年~2010年 Second Faith    
(1)骨髄移植推進財団 『患者負担金支援募金』 20万円
(2)全国骨髄バンク推進連絡協議会 『佐藤きち子患者支援基金』 5万円
  『活動支援一般寄付』 5万円
    計30万円
2007年 Second Faith    
(1)骨髄移植推進財団 『患者負担金支援募金』 20万円
(2)全国骨髄バンク推進連絡協議会 『佐藤きち子患者支援基金』 17万円
  『活動支援一般寄付』 5万円
(3)九州骨髄バンク推進連絡会議 『活動支援一般寄付』 5万円
    計47万円
2006年 Second Faith    
(1)骨髄移植推進財団 『患者負担金支援募金』 20万円
(2)全国骨髄バンク推進連絡協議会 『佐藤きち子患者支援基金』 12万円
  『活動支援一般寄付』 5万円
(3)九州骨髄バンク推進連絡会議 『活動支援一般寄付』 5万円
    計42万円
2005年 Second Faith    
(1)骨髄移植推進財団 『患者負担金支援募金』 20万円
(2)全国骨髄バンク推進連絡協議会 『佐藤きち子患者支援基金』 10万円
(3)九州骨髄バンク推進連絡会議 『活動支援一般寄付』 5万円
    計35万円
2004年 Second Faith    
(1)骨髄移植推進財団 『患者負担金支援募金』 20万円
個人寄付 18,000円
(2)全国骨髄バンク推進連絡協議会 『佐藤きち子患者支援基金』 7万円
(3)九州骨髄バンク推進連絡協議会 『活動支援一般寄付』 5万円
(4)にいがた骨髄バンクを育てる会 『活動支援一般寄付』 22,068円
    計 360,068円
2003年 Second Faith    
(1)骨髄移植推進財団 『患者負担金支援募金』 516,556円

九州の空からチャリティインベントinイムズ

イムズの誕生祭2011にて、空港をイメージした装飾を展開したことに合わせて九州の空港に就航している国内外の航空会社のキャビンアテンダントらが東日本大震災復興支援のために、天神のイムズで募金を呼びかけました。
会場では、チャリティをして下さった方へ様々な航空会社の貴重なノベルティをプレゼントするほか、本物のCAとの写真撮影会などが行われました。

【日時】2011年4月23日(土)13:00~17:00、4月24日(日)13:00~17:00
【場所】B2Fイムズプラザ
【募金先】「がんばろう日本福岡・九州推進協議会」

九州の空からチャリティインベントinイムズ


東日本大震災支援の為の献血及び募金活動

福岡市体育協会を中心に、福岡に活動拠点を置く各種トップスポーツチームやスポーツ団体が集結した「スタージャンプ福岡」による献血<日本赤十字社>と募金活動を実施されました。会場には福岡ソフトバンクホークスやアビスパ福岡の選手陣も駆けつけていただきました。イムズも当企画に賛同し、ご協力させていただきました。皆様よりお預かりした義援金は福岡市危機対策部を通じて、東日本大震災の被災地への復興に役立てられます。

【日時】2011年4月2日(土) 献血10:00~15:00/募金活動10:00~12:00 
【会場】1F イムズスクエア
【参加団体】
アビスパ福岡、福岡J・アンクラス、コカ・コーラウエストレッドスパークス、福岡サニックスブルース、九州電力キューデンヴォルテクス、
福岡ソフトバンクホークス、福岡レッドワーブラーズ、ライジング福岡、福岡リゾート&スポーツ専門学校

東日本大震災支援の為のチャリティ募金パフォーマンス@福岡

NPO法人AIPが主催し、福岡で活動中のアーティストが実施するチャリティパフォーマンスがおこなわれました。イムズも当企画に賛同し、ご協力させていただきました。皆様よりお預かりした義援金は福岡市を通じて東日本大震災の被災地への復興に役立てられます。

【日時】2011年3月29日(火)11:00~18:00
【会場】1F イムズスクエア
【募金金額】41,727円
【募金先】福岡市

cross fm Charity Special
~IMS HEART WING~supported by IMS

東日本大震災で被災された皆様へ、わたしたちにいまできることは何か?を考え、“エール”をテーマに、cross fmとイムズがタイアップしてチャリティラジオ公開生放送を実施しました。会場では、特別ゲストを迎えたライブをおこない、広く義援金を募りました。
集まった義援金は、日本赤十字社を通じて、東日本大震災の被災地への支援金として役立てられます。

【日程】2011年3月27日(日) 12:00~16:00
【ナビゲーター】コンバット満、内堀富美
【特別ゲスト】辻詩音、RYOEI

cross fm Charity Special~IMS HEART WING~supported by IMS


社団法人茶道裏千家淡交会福岡支部青年部 東日本大震災 募金活動・義援チャリティーお茶会

社団法人茶道裏千家淡交会福岡支部青年部が中心となって、東北地方太平洋沖地震への支援のため募金・献血を実施し、ご協力いただいたお客様へお茶とお茶菓子が振舞われました。イムズも当企画に賛同しご協力させていただきました。皆様よりお預かりした義援金は日本赤十字社を通じて被災地の復興へと役立てられます。

【日時】2011年3月21日(月・祝)12:00~17:00
【会場】1F イムズスクエア
【募金金額】277,065円
【募金人数】310名

Recycle Clothes supported by IMS 「クローゼットすっきりプロジェクト」

クローゼットにたまった服を回収して再利用する「クローゼットすっきりプロジェクト」を年2回程度開催しています。回収した衣類は世界中の病気や戦争で心に傷を負った子供たちのために使用しています。

≪回収実績≫
2009年 7月…1,448着(NPO法人日本救護衣料センターを通じて世界の子供たちへ寄贈しました)

2010年 3月…1,240着(NPO法人日本救護衣料センターを通じて世界の子供たちへ寄贈しました)

2010年11月…6,133着(118,293円を子供地球基金へ寄付しました)

2011年 3月…7,722着(148,480円を日本赤十字社を通じて東日本大震災の支援金として寄付しました)

2011年 7月…5,231着(80,622円をDo for Japanを通じて東日本大震災の支援金として寄付しました)

2011年 9月…4,634着(77,495円をDo for Japanを通じて東日本大震災の支援金として寄付しました)

2011年 11月…7,026着(120,076円をDo for Japanを通じて東日本大震災の支援金として寄付しました)

2012年 3月…5,844着(81,753円をDo for Japanを通じて東日本大震災の支援金として寄付しました。)

2012年 9月…4,947着(42,445円を日本赤十字社を通じて九州北部豪雨災害の支援金として寄付いたしました)

2012年 11月…5,869着(北九州商店を通じて買い取られ、衣類はRecycle Trade各店舗にてリユースいたしました)

2013年 3月…3,822着(北九州商店を通じて買い取られ、衣類はRecycle Trade各店舗にてリユースいたしました)

●Do for Japan  http://doforjapan-fukuoka.jp/

●NPO法人 日本救援衣料センター  http://www.jrcc.or.jp/

●NPO法人 子供地球基金  http://www.kidsearthfund.jp/ja/

●Recycle Trade  http://www.r-trade.jp/

クローゼットすっきりプロジェクト


イムズプレミアムセール(参加賞チャリティ)

西日本エコ基金への寄付

2008年よりイムズプレミアムセール(抽選会)の時期にソラリアプラザと共同して西日本新聞環境プロジェクト「エコ・スイッチ九州」への募金をおこなっています。抽選会の参加賞を「お菓子」か「チャリティ」より選択、「チャリティ」をお選びいただくと青いボールをお渡しいたします。そのボールを「チャリティBOX」へ入れると1個につき5円として「エコ・スイッチ九州」へ寄付されます。
2011年春以降は東日本大震災の被災地復興支援として、Do for Japan「がんばろう日本」九州・福岡推進協議会を通じ被災地へ寄付しております。

≪寄付実績≫  
2009年春
2009年クリスマス
IMS 20th. ANNIVERSARY PRESENTS…268,320円を西日本エコ基金へ寄付しました。
IMS XMAS PRESENTS 2009…429,915円を西日本エコ基金へ寄付しました。
2010年春
2010年クリスマス
IMS 21st. THANKS PRESENTS…99,480円を西日本エコ基金へ寄付しました。
IMS Christmas PRESENTS 2010…163,360円を西日本エコ基金へ寄付しました。
2011年春

2011年クリスマス
IMS 22nd.ANNIVERSARY PRESENTS…170,880円をDo for Japan「がんばろう日本」九州・福岡推進協議会へ寄付しました。
IMS XMAS PRESENTS 2011…283,415円をDo for Japan「がんばろう日本」九州・福岡推進協議会へ寄付しました。
2012年春

2012年クリスマス
IMS 23rd.ANNIVERSARY PRESENTS…94,275円をDo for Japan「がんばろう日本」九州・福岡推進協議会へ寄付しました。
2012年クリスマス アタル!イムズのクリスマス抽選会2012…193,535円をDo for Japan「がんばろう日本」九州・福岡推進協議会へ寄付しました。

●ソラリアプラザ
http://www.solariaplaza.com/2009ECO/index.html?PHPSESSID=r4mgkh7o672bd1d3knhohc6kc4

●Do for Japan
http://doforjapan-fukuoka.jp/

F-ADC×JAGDA-F T PROJECT 2010 RESCUE T SHIRT展

F-ADC×JAGDA-F T PROJECT 2010 RESCUE T SHIRT展

多彩な分野で活躍する福岡在住の29名のアートディレクターやデザイナーが取り組むチャリティTシャツプロジェクトの展覧会をイムズB1F及び1Fのエスカレーターサイドで開催しました。このデザインTシャツは総合ディスカウントストア「MrMax」にて6月12日(土)から1枚ワンコイン(¥500)で一斉販売され、売上の5%はNPO法人「子供地球基金」へ寄付され、地球上の子どもたちが、より幸せな環境を作るための支援活動に役立てられました。

【展示期間】2010年6月19日(土)~7月15日(木)

ペンギン(d-torso)チャリティオークション

cross fm Charity Special~IMS HEART WING~supported by IMS

ART FESTA 2009では、実物大の動物のd-torsoを展示しました。
その展示品の中から、ペンギン5体はチャリティオークションとし、落札された方へお送りしました。尚、落札金額はすべてIUCN-J(国際自然保護連合日本委員会)へ寄付しました。
※5体のペンギンは事前にワークショップを行い、お客様の手で組み立てられたものです。
※また、この動物たちは会期終了後、到津の森公園へ寄贈しました。

【展示期間】2009年9月16日(水)~10月18日(日)
【寄付金】60,000円
【寄付先】IUCN-J(国際自然保護連合日本委員会)

●有限会社アキ工作社  http://www.wtv.co.jp/
●IUCN日本委員会  http://www.iucn.jp/
●到津の森公園  http://www.kpfmmf.jp/zoo/

retired weapons × POM2 ステッカー地雷除去キャンペーン

POM2とは、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで誕生した地雷除去支援団体です。300円のステッカーを販売し、収益金の200円をPRO(Peace Road Organization)というタイの地雷除去団体へ寄付しています。会場に設置したPCを使って、地雷マップをチェックすると、寄付したお金がどこの地雷を撤去する資金となるのかが確認できます。寄付だけでなく地雷問題の現状やその後の復興の様子を伝え、より多くの方に地雷問題について認知していただく様訴えました。
【期間】2009年8月5日(水)~8日(土)
【HP】http://www.jirai.org/

retired weapons × POM2 ステッカー地雷除去キャンペーン


ソックモンキーチャリティオークション

その昔、「ソックモンキー」は、アメリカの貧しい炭鉱町で生まれました。お金はないけれど、クリスマスに孫に贈り物をおくりたいおばあさんが、おじいさんの靴下で作ったおさるさんのぬいぐるみ。今でも愛情に溢れた贈り物として知られています。その生まれた背景や歴史、貴重なヴィンテージをクリスマス時期に期間限定で展示しました。
展示に併せて、日本の緑光苑(身体障がい者通所授産施設)で作られているソックモンキーたちをチャリティオークションの落札者の方へお送りし、落札金額はすべて緑光苑へ寄付しました。

【受付期間】2008年11月19日(水)~12月25日(木)
【寄付金】42,909円/12体

●ソックモンキー協会  http://sockmonkey-kyoukai.jp/

ソックモンキーチャリティオークション


クリスマス チャリティ メリーゴーランド

IMS X'mas 2007では、ヨーロッパのサーカスと街角のクリスマスマーケットをイメージしたノスタルジックな空間を展開。そのメインを飾るメリーゴーランドの乗車料をすべてユニセフへ寄付するチャリティイベントを開催しました。乗車する際のお気持ちとしていただいたお金は、全て財団法人日本ユニセフ協会を通じて、ユニセフに寄付しました。

【期間】2007年11月21日(水)~12月25日(火)
【寄付金】10,169円
【寄付先】財団法人日本ユニセフ協会、ユニセフ
●(財)日本ユニセフ協会  http://www.unicef.or.jp/

クリスマス チャリティ メリーゴーランド


トップに戻る このページのトップへ ECO活動・イベントへ

三菱地所リテールマネジメント株式会社
イムズ マネジメントオフィス
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-7-11-11F
TEL:092-733-2001

Copyright © Inter Media Station IMS. All Rights Reserved.