本文へジャンプメインメニューへジャンプ

ショップ詳細

三菱地所アルティアム

三菱地所アルティアム

8F Beauty&LifeSupportZone

フロアマップ

ショップからのメッセージ

天神で、気軽にアートを楽しめるギャラリースペース。現代アート、デザイン、ファッション、建築など、様々なジャンルの芸術表現を紹介しています。

イベント&キャンペーン

トンコハウス展 「ダム・キーパー」の旅

トンコハウス展 「ダム・キーパー」の旅 トンコハウス展 「ダム・キーパー」の旅

ピクサーを飛び出した2人が設立した アメリカ拠点のアニメーションスタジオ「トンコハウス」が九州初上陸!

 

「一緒に周囲の期待を超えるような挑戦をしてみないか?」

この言葉をきっかけに、ピクサーのアートディレクターだった堤大介とロバート・コンドウの新たな旅がはじまりました。2人が立ち上げたアニメーションスタジオの名は「トンコハウス」。

彼らの初作品となる短編映画『ダム・キーパー』は、「なぜ、つくるのか」というトンコハウスとしての原点に何度も立ち戻りながら、紡ぎだされてゆきました。自身の心、そして仲間との対話を丁寧に重ね完成した作品は、国や年齢を問わず、多くの人の心を揺さぶります。国際映画祭では、20以上もの賞を受賞するなど高評価を集め、2015年には米国アカデミー賞のノミネートへとつながりました。短編映画のほか、2017年には1話5分、全10話のシリーズ作品『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』が発表され、現在は『ダム・キーパー』をもとにした長編映画の制作に取り組んでいます。

本展では、トンコハウスのアニメーションにかける想いに迫りながら、NHK Eテレで放送されたシリーズ作品や制作中の長編映画など、さらに広がり続ける「ダム・キーパー」の世界をスケッチやマケット、映像など新作も交えて紹介します。温かみあるかわいらしいキャラクターデザイン、深く考え抜かれたストーリー設定、光や街が美しい背景デザインなど見どころ満載の旅する展覧会、トンコハウス展をお楽しみください。



画像1:『ダム・キーパー』より浮遊する街

画像2:『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』2017年

画像はすべて © 2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED

安野モヨコ展 STRIP! PORTFOLIO 1996-2016

安野モヨコ展 STRIP! PORTFOLIO 1996-2016

人気漫画の原画約250点を展示!

西日本初の大規模個展



わたしたちはみな、安野モヨコ作品とともに学び、成長してきた!

『ハッピー・マニア』で、恋愛とは何かを。

『働きマン』で、仕事の味を。

『さくらん』で、女の生き方を。

『シュガシュガルーン』で、心のありかを。

『オチビサン』で、自然や日常の美しさを。



漫画という器の中に、女性の本音や悩み、ファッション、時代の空気、美意識― わたしたちを取り巻くすべてを盛り込んで、深い共感と高揚をもたらしてくれる安野モヨコ作品。

彼女の20年超の画業から、選りすぐりの原画を展示する西日本で初めての大規模個展を三菱地所アルティアムで開催します。

1995年連載スタートの『ハッピー・マニア』に始まり、現在も執筆継続中の『オチビサン』、そして今年連載が完結した『鼻下長紳士回顧録』。代表作のトビラ絵や名シーンを網羅し、一堂に展示。

本展および同時刊行画集のため筆を執った、描きおろし作品もお披露目されます。また、単行本未収録につきファンの間で「幻の」と称されてきた、『さくらん』第二部の原稿も展示いたします。

会場では安野モヨコがこれまでの歩みをありのまま晒します。描く悦びと、それを観ることの歓びが、交わり渦巻く場となることでしょう。



【画像】 本展メインビジュアル『鼻下長紳士回顧録』より

(c) Moyoco Anno / Cork

  • イムズのプレミアム商品券
  • 大塚愛プレミアムトークイベント
  • イムズビアガーデン2018
  • イムズ公式LINE@プレゼント情報
  • 安野モヨコトークライブ・サイン会
  • TAX・外国語フロアガイド FREE
  • 館内でWi-fiが利用できます。
  • インフォメーション 休館日、営業時間 詳細はこちら 駐車場のご案内 詳細はこちら

三菱地所リテールマネジメント株式会社
イムズ マネジメントオフィス
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-7-11-11F
TEL:092-733-2001

Copyright © Inter Media Station IMS. All Rights Reserved.